ARTIST PROFILE
守崎 正洋

Screenshot 2021-07-14 at 12.05.34 PM.png
守崎 正洋(もりさき まさひろ)

京都伝統工芸大学校を卒業後、 陶芸家の和泉良法先生の元で二年間学び、 京都市工業試験場で釉薬の研究を二年間し独立。

嵯峨野陶房を開窯し、料理やお酒、器が使われる瞬間に映える事をコンセプトにうつわを作っている。

​ー 陶歴 ー

1971年 京都市生まれ
1999年 京都伝統工芸専門校(現在 大学校)陶芸本科修了
1999年 以後二年間、大覚寺陶房にて和泉良法氏に師事
2002年 (株)たち吉主催『京都陶芸の新しい芽』入選
2003年 京都市工業試験場陶磁器コース専修科修了
2003年 京都、嵯峨野にて開窯 独立
2004年 伝統産業「京の若手職人」海外(イタリア)派遣事業に選出
2006年 2006『めし碗グランプリ展』入選
2008年 第26回『朝日現代クラフト展』入選
2012年 第10回『ローディ陶器コンクール』(イタリア)入賞
現在、京都にて制作

​ー 作品 ー
​ー 紹介動画 ー